So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツニュース ブログトップ

萩野公介選手、4冠達成 [スポーツニュース]

アジア大会競泳競技4日目、萩野公介選手は400メートル個人メドレーで優勝。4冠を達成した。

萩野選手は競泳競技初日の200メートル自由形、2日目の200メートル個人メドレー、
800メートルリレーで優勝。

ここまで6種目に出場し、金4、銀1、銅1と全レースで表彰台の驚異的な大活躍を果たしている。

25日には最後の出場種目である200メートル背泳ぎに出場する。
ロンドン五輪同種目銀メダリストの入江陵介との金メダル争いとなりそうだが、はたして5冠達成はなるか。

注目である。


つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた

つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた




清原離婚発表 [スポーツニュース]

清原が22日離婚を発表したらしい。

プロ野球西武や巨人などで活躍した清原和博氏(47)が22日、妻でモデルの清原亜希(45)と離婚したことを発表した。  清原氏はマネジメント会社を通じて報道各社に直筆署名入りのFAXを送付し、「私事で恐縮ですが、このたび、私は、妻と離婚したことをここにご報告いたします。14年間の結婚生活にピリオドを打って、新たな道を歩むことになります」と報告。今月に入って一部女性週刊誌が2人の別居を報道していたこともあり、清原氏は「関係者の皆様ならびにファンの皆様にはご心配をおかけしてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」とコメントしている。 (スポニチアネックスより)


そう言えば、数日前もう離婚が決まったような記事が出ていたような・・・
「清原和博 離婚の決定打は「左胸から背中を這う竜の入れ墨」」(日刊ゲンダイ 9月17日)

不倫に薬物疑惑に全身入れ墨・・・
この人はどこへ行く気なのか?

昨日だったか一昨日だったかの新聞の夕刊に
桑田が北海道の音楽専門学校の講師に来たとかで、インタビュー記事が出ていた。
桑田の次男(20歳)も大学生ながら同じ専門学校の講師を務めているのだとか。

大学院に進学して、大学で講師をやり東大野球部のコーチ、この辺までは分かるけど
何故だか音楽の専門学校の講師。何を教えているんだろう?

比較するのもおかしな話だが、高校球児として日本中を沸かせプロに進んでもスターだったKKコンビが、
引退後はどんどん住む世界が遠くなっていっているような感じで不思議な気がする。

時の流れはこんなにも色々な物を変えてゆく物なのか。

金メダル第一号! アジア大会 柔道女子52キロ級中村美里2連覇 [スポーツニュース]

アジア大会 柔道女子52キロ級中村が金メダル獲得。 

アジア大会第2日の20日、柔道女子52キロ級北京五輪銅メダルの中村美里がアジア大会2連覇となる金メダルに輝いた。
今大会の日本勢金メダル第一号。



中村 美里(なかむら みさと、1989年4月28日 - )は、日本の女子柔道選手。階級は52kg級。段位は四段。身長157cm。組み手は左組み。血液型はAB型[1]。 IJF(国際柔道連盟)世界ランキング24位…560ポイント(2014年9月2日現在)

東京八王子市出身
八王子市立東浅川小学校相模原市立相原中学校、渋谷教育学園渋谷高等学校卒業
2008年4月より三井住友海上火災保険所属
全日本ナショナルチーム
2010年度スポーツ振興事業助成・エリートA認定
得意技は小外刈、寝技。
(Wikipediaより)



女子48キロ級の山岸絵美と、男子66キロ級の高上智史はともに決勝で敗れ、銀メダル。
男子60キロ級の志々目徹は3位決定戦を制し銅メダルを獲得した。

他の競技では、シンクロナイズドスイミングのデュエットで乾友紀子、三井梨紗子組が「銀」を獲得した。



岡崎、香川の2人の“シンジ対決” サッカーブンデスリーク [スポーツニュース]

岡崎慎司のマインツと、MF香川真司のドルトムントの対戦が20日あるらしい。

19日付の地元紙が、
ブンデスリーガ第4節のトップゲーム。この試合は日本でも多くのサッカーファンが注目していることだろう。どちらのシンジ上か」と報じた、とのこと。

日本代表の2人の「シンジ」

どちらが勝ってもいいけれど2人とも良い結果を残して欲しい物だ。



ところで、コンサドーレの「シンジ」はどうしているかな?
そろそろコンサドーレも目を覚まして欲しい物だけれど。

楽天星野監督、今季限りで退任 [スポーツニュース]

楽天の星野仙一監督(67)が18日、仙台市の球団事務所で会見し、今季限りで退任することを発表しました。

退任の理由については、
「2カ月間も戦場から離れて選手、ファンに大変迷惑を掛けた。オーナー、社長から“何年でもいいから”と諭されたが、勝負師としてシーズンを離れることはあってはならない、と決意した」
とのこと。

昨シーズンはチーム創設以来初めての日本一に導いた星野監督でしたが、
今年は難病の「胸椎の黄色じん帯骨化症」などで2ヶ月近く休養することになり、
復帰後も、チームの状態は上がらず現在も最下位に低迷しています。


闘病とチームの低迷で監督として責任を感じていたのは理解できます。

でも、星野さんにまだ闘志と気力が残っているなら
体調を整えて、またファンの前に姿を見せて欲しい物です。



スポーツニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。